1978

■ 梅花女学校の開校

梅花女学校は、創立者の澤山保羅、協力者の成瀬仁蔵ほか数名により、キリスト教主義教育を建学の精神として、大阪市土佐堀裏町10番地に開校。(この年を本学園の創立年としている。)
学校名は、梅本町公会(現在の大阪教会)と浪花公会の教会員が、開設に協力したところから「梅花」と命名し、設立当時から外国人教師による斬新な英語教育を実施。


1879

教会信者からの寄付などにより、土佐堀裏町に校舎を新築。


1908

■ 北野に開校

梅花女学校は、都市開発のため、大阪市土佐堀から北野(大阪府西成郡豊崎村。現在の大阪市北区豊崎3丁目)に移転。


1913

■ 梅花高等女学校の新設と梅花女子専門学校の開設

高等女学校令によって梅花女学校のほかに、梅花高等女学校(修業年限4年)を北野学舎に新設。


1913

入学資格を高等女学校卒業程度とする梅花女学校専門部(修業年限 2年)が、英文科・家政科を設けて発足。


1922

専門学校令によって梅花女学校(英文科・家政科)が梅花女子専門学校に昇格。